精錬工程用のハンマーミル。 | STOKKERMILL HM45

鉄スクラップ、金属スクラップ銅コイル、コンパクトなハンマーミル , およびを電動モータースタータ巻線を粉砕するための超小型ハンマーミル。

精錬工程用のハンマーミル。Stokkermill 社製は粉砕および精製システム工程用の超小型ハンマーミル 、 HM45 および HM60をデザインしました。 これらは、金属および鉄スクラップ、電気電子機器廃棄物( WEEE )、および選別仕切れない材料の商業的価値を最大化することを目的としてさまざまな材料の粉砕、精錬用に適した、用途多様な柔軟性の高いハンマーミルです HM45-60 シリーズのハンマーミルは、一次破砕機として使用することも、破砕後の材料を投入して精錬工程用のミルとして使用するができます。 重量が 8 ~ 10 kg の 16 個のハンマーは、自由に 360 ° 回転します。これにより、積込みフェーズにおけるエラーや過剰な負荷による損傷を低減します。ハンマー反転システムは、ケーシングの一体型開口システムとロータの持ち上げによって簡素化されています。交換可能なスクリーンと独自の形状により、回収材料のサイズを適切に管理できます。 HM45-60 モデルのすべてのハンマーミルシリーズには、ロータの回転速度の変化に対応するインバータを装備することができます。HM45-60 ハンマーミルには、 22 ~ 45kw の動力を装備できます。

Stokkermill 社製ハンマーミル は、長い経験と実績によって設計および製造されています。

  • 本体のみならず、各パーツ、消耗品の耐久性と信頼性を確保するために高品質の材料を使用します
  • 設計の簡素化、使いやすさ、メンテナンス時間の短縮を実現するためにデザインされています。
  • また、消耗やダメージを最小にできる様に、機械本体を他社に比べ大きめに設計されています。

ハンマーミルにはシュナイダーエレクトリックの電子機器とリモートアシスタンスシステムが装備されており、作業パラメータを適切に制御できる様に設定されています。ハンマーミルの予備部品は、 24 〜 48 時間の出荷が可能なように常に在庫が用意されています。HM45-60 シリーズのハンマーミル は、中型フォークリフトで移動できます。HM45-60 の精錬用ハンマーミル  はスライド式プラットフォームに配置できるため、移動や別の作業現場への設置が容易になります。

ここでは、 Stokkermill 社製のHM45-60 シリーズで処理できる材料のいくつかの例を紹介します。

  • 中古車・廃棄車両部品の粉砕および精錬作業
  • 車両の解体による金属の破砕と精錬作業
  • オルタネータの粉砕および精錬作業、スタータモータのリサイクル
  • 自動車の粉砕および精錬作業
  • 鉄スクラップの粉砕および精錬作業
  • 一次破砕で生じた金属スクラップの粉砕・精錬作業
  • WEEE 電気電子廃棄物の粉砕および精錬作業
  • 金属缶、スチール缶の粉砕・精錬作業、混合スズのリサイクル
  • ミックスメタルの粉砕および精錬作業
  • アルミスクラップの粉砕と精錬作業
  • 装甲ケーブルの破砕と精錬作業
  • 地下ケーブルや海底ケーブルの粉砕・精錬作業
  • 小型電動モータ、コイル、変圧器の粉砕および精錬作業
  • バルブやその他の、差別化されていない油圧材料の粉砕と精錬作業
  • 水道メーター、ガスメータの粉砕、精錬作業、リサイクル
  • 銅などの金属の変圧器の粉砕および精錬作業

HM45

動力

22-37 Kw

機械重量

2500 Kg

ハンマーの数

16

ハンマー重量

8 Kg

ローター速度

600-1300 rpm

ローターサイズ

450x260 mm

HM60

動力

37-45 Kw

機械重量

3000 Kg

ハンマーの数

16

ハンマー重量

10 Kg

ローター速度

600-1300 rpm

ローターサイズ

650x300 mm